モノリス

モノリスの定義

モノリスアーキテクチャは、マイクロサービスアーキテクチャの反対として語れることが多い。モノリスアーキテクチャは密結合的であり、複数のより小さなシステムではなく、一つの大きなシステムアーキテクチャを意味する。一方、マイクロサービスアークテクチャでは、システムが複数のより小さなシステムに分割され、疎結合的に繋がっている。

マイクロサービス vs モノリス


多くの大企業のシステムが非常に大きく、多くの場合はモノリスアーキテクチャを採用している。小さなチームと小さなシステムにとってはマイクロサービスアーキテクチャが無駄に複雑で意味がないかもしれないが、モノリスは大きくなると、オペレーションの効率に強い悪影響を与える。密結合であるため、全てが繋がっており、修正を入れると全体に影響が出てしまう可能性があるため、リスクが高い分だけコストがかかる。これにより、スピードも遅くなる。変化に早く応用するため、この不機敏さが天敵である。マイクロサービスアーキテクチャを作るのはモノリスよりは難しいが、マイクロサービスが与える機敏さがDXに於いては重要であるため、マイクロサービスを採用すべき企業が大半である