ディスラプト

「物事の秩序を混乱させる」という意味を持つ英語のDisruptから来た言葉であり、ビジネスの文脈では、他業界やスタートアップ等の予期せぬ競合によって業界のルールが再定義され、その業界の既存バリューを一気に時代遅れにしてしまうことを指す。早い技術の進歩により、最近様々な業界がディスラプションと直面しており、これからも複数の業界がディスラプトされると予測されている。

業界のディスラプト事例

最近のレンタルストアとテレビをディスラプトしたNetflixや、タクシー業界をディスラプトしたUberなどが有名なケースである。

ディスラプションの原因

大企業特有の自己満足の罠が根本原因の一つとして挙げられる。ディスラプターの特徴はスタートアップが多く、誰も聞いたことがない企業が瞬く間に何十年も業界の頂点を立ってきた企業を困難に陥らせることがあるが、これはデジタル技術の普及により変化する顧客の要求を捉えられていない企業の姿勢の問題である。そして、時代遅れになって、ディスラプトされることを防ぐことがDXの大きな目的の一つでもある。