リーン開発

リーン開発とはプロセスから無駄を取り除くことを目的とした開発手法である。スクラムのようなプロジェクトマネジメントフレームワークではなく、実践手段を提供するための手助けの役割を担う言葉として使われることが多い。

ビジネスでの使われ方

リーン開発と似た言葉とした「リーンスタートアップ」という言葉もある。これは、コストをかけずに最低限の製品・サービス・機能を持った試作品を短期間でつくり、顧客の反応を的確に取得して早く検証を行うことで、結果的に最短で顧客が満足する製品やサービスを開発していく進め方のアプローチを指す。リーン開発同様、「リーン」という言葉はトヨタ生産方からきている。

リーン開発の原則

リーンソフトウェア開発を支える「7つの原則」は次の通り。

  1. ムダをなくす
  2. 学習を強化する
  3. 決定を遅らせる
  4. 早く提供する
  5. チームに権限委譲する
  6. 品質を作り込む
  7. 全体を最適化する